文化を繋ぐ日本酒!クラウドファンディング「Makuake」で募集中!

日本四大杜氏のひとつ『但馬杜氏(たじまとうじ)』の伝統と文化を未来に継承するために誕生した酒蔵「文太郎」が、2020年冬仕込みの日本酒をクラウドファンディングサイト「Makuake」限定で先行発売します。

この酒は、日本酒の要となる「麹」を見習い蔵人がひとりで造り、それを師匠である但馬杜氏が醸します。但馬杜氏を目指し、日本酒の世界に飛び込み今年で2年目。これまで師匠に教えを請い練習し続けた麹造りが、2020年冬、初めて日本酒となります。

【見習い蔵人の麹でベテラン杜氏が醸す文化を繋ぐ日本酒】

目標金額 : 300,000円   

リンク先 : https://www.makuake.com/project/buntaro

募集期間 : ~8月30日(日)まで

※クラウドファンディングとは、インターネット上でやりたいことを発表し、それに共感した不特定多数の方から少額の資金を集める仕組みです。「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。

カテゴリー: 最新情報.

コメントは受け付けていません。